Menu

ホームページを成功に導く10の法則

ホームページを年中無休、優秀な営業マンにするための10の法則を簡単にご紹介します。

  1. ホームページはできるだけ早く公開しましょう。

    作りっぱなしのサイトよりも頻繁に更新されるサイトの方が検索順位も上がってお客が付きやすいのです。 ホームページは完全に仕上がるのを待つよりも必要最低限の情報を載せたら早めに公開しましょう。

  2. ホームページは自分で更新できるものにしましょう。

    通常ホームページの更新は業者との打ち合わせの時間や費用がバカになりません。 しかし自分で更新をすればこれらを節約することができ、新鮮な情報を豊富に載せることが可能になります。

  3. デザインのカッコ良さよりも伝わりやすさ。

    綺麗でカッコイイサイトと売れるサイトは別物です。 売れるサイトはお客様の購買心理に基づいたページの構成になっています。 あえて一言で言えば、売れるサイトは情報が伝わりやすいサイトです。

  4. スマートフォンに対応したホームページを作りましょう。

    個人ユーザーは外でスマホ、家でPCという生活パターンが多いです。 若い人などは、スマホでしかホームページを見ない人もいることを考えて、スマホサイトを充実させましょう。

  5. 実業とホームページを連動させましょう。(地域密着の場合)

    スマホサイトや場合によってはチラシなどを有効活用させて実店舗に誘導するサイトを作りましょう。

  6. ホームページの最も大切な柱はコンセプトです。

    ホームページ自分の会社やお店の特徴を掴んで、ホームページで最も伝えたいことは何か?を話し合いましよう。

  7. お客様はキャッチコピーの天才。

    お客様の声は実は宝の山。 お客様の声の中にコンセプトやキャッチコピーのヒントが隠されています。

  8. 詳しい情報ほど後出しにしましょう。

    最初から細かい情報を伝えようとしても見てもらえません。 お客様視点になって、最初は直感的に響く言葉や画像を見せましょう。 その中から興味を持ってくれた人に徐々に詳しい情報を伝えるようにしましょう。

  9. お客様の不安を打ち消して決定力のあるサイトを作りましょう。

    ある商品を欲しいと思っても、迷いや不安やためらいが必ず生じるため、すぐに購入や契約となることは稀です。 この商品を他の人も支持していることを伝えるなどして不安材料を打ち消し、お客様背中をワンプッシュする必要があります。

  10. 顔が見えるサイトを作りましょう。

    ネットでの取引は相手の顔が見えないため、不安が付きまといます。 できるだけ顔が見えるようにして不安を取り除きましょう。

*詳しくはPC版サイトをご覧ください。

(スマホを横にして、ココをタップすると見られるかも・・)